施工例:雨漏り修理:河内長野市 瓦交換 破風板の修繕(板金)|南大阪や泉大津市近郊で雨漏り修理や屋根修理業者をお探しなら【輝匠建業】にご相談ください。

施工例

  1. トップ
  2. 施工例:雨漏り修理
  3. 河内長野市 瓦交換 破風板の修繕(板金)

河内長野市 瓦交換 破風板の修繕(板金)

河内長野市にて瓦割れによる瓦差し替え工事、並びに破風の修繕作業を行いました。
まずは施工前の瓦の様子です。


瓦は非常に頑丈で耐久力のある屋根材ですが、台風など強風時に飛来物で割れることは少なくありません。
自然に写真のように割れることは珍しく、今回も恐らく強風時の飛来物による破損が疑われます。
また、防水テープやコーキングによる一時的な補修箇所もありましたので、同時に差し替えていきます。


破損箇所も無くなり、美観を取り戻しました。
もちろん、雨漏りが起こるリスクも大きく減少しています。

今回の補修作業はこれだけではありません。
袖瓦のクギ浮きも補修していきます。

袖瓦のクギ浮き補修袖瓦のクギ浮き補修袖瓦のクギ浮き補修

袖瓦もそうですが、棟瓦のような屋根の頂上部、もしくは屋根の端になる部分は風の影響を受けやすい箇所になります。
そのため、台風などの後には屋根材がめくれたり、屋根材が持ち上げられてクギが抜けたり浮いたりすることがあります。
今回は、パッキン付きのステンレスビスで打ち直していきます。

袖瓦のクギ浮き補修 完工袖瓦のクギ浮き補修 完工

また、破風部分にクラック(ヒビ割れ)が起こっていたので、併せて補修作業を行います。
こちらが施工前の様子です。


外壁部分のクラックは、0.3mm以下のヘアクラックと呼ばれる内であれば塗装などでも対処可能です。
しかし、それ以上に大きく拡がってしまったクラックに関しては、そのまま塗装などで塗り潰してしまっても効果がありません。
むしろ内部に空洞を作ることになってしまい、そこからさらにクラックを拡げてしまうので外壁にとっては逆効果です。

今回はしっかりとクラック補修を行い、塗装ではなくガルバリウム鋼板0.35mmでカバーする形をとっています。
ガルバリウム鋼板でカバーすることで、塗装以上に雨風から外壁を物理的に守ってくれるので、高い耐久性・防水性が期待できます。


これにてすべての作業が完了です。
輝匠建業では、屋根の状態に合わせて適切な屋根修理の方法をご提案し、確かな技術で施工いたします。
河南町をはじめ、大阪での屋根修理・雨漏り修理は輝匠建業にお任せください!


一覧に戻る